ブログ

mod’s hair 50th Anniversary Collection

先日、モッズヘア誕生50周年を記念したイベントが行われました!

モッズヘア2018春夏ニューラインの発表会に、モッズヘアの本場であるパリのアーティスト達が集ったステージ、創業者達のスペシャルトークショー、レセプションパーティーなどが行われました!

その中の一幕で、モッズヘアクリエイティブアワードという、社内コンテストのファイナリストによる決勝ステージが行われたんですが、僕も今回そのステージに立たせていただきました!ブログ画像
日本全国にあるモッズヘアのスタイリスト達の中から選ばれたファイナリスト6名による決勝戦でしたが、僕はその中で4つのスポンサー賞の内、アリミノ賞とルベル賞の2つを受賞することが出来ました!ブログ画像

目標としていた優勝は惜しくも逃してしまいましたが、練習してきたことは出しきれたと思うので後悔はないです。でもやっぱり悔しい!!笑

この舞台で優勝すると、パリで行われるインターナショナルヘアショーに日本代表として出場できるんです!

去年のコレクションを見てから、絶対次は自分が優勝してやると目標にしてきた舞台だっただけに悔しさは拭えませんが、この悔しさをバネにして来年こそは必ずパリへのチケットを手にして見せます!!ブログ画像左が今回優勝した旭川店、猿倉ゆかりさんのモデルさん、右が僕のモデルさんです!!
めっちゃ可愛かったです。笑

なんだか最近僕はメンズばっかり得意なイメージを持たれがちですけど、これでレディースカットもちゃんと得意なことの証明が出来たかなと思います。笑

今回応援してくださった皆様、見に来て下さった皆様、会場スタッフの皆様、モッズヘアの50周年に携わって下さった全ての皆様、本当にありがとうございました!!

そしてモッズヘア50周年おめでとう!!

ブログ画像

宮本

冬~春へ…。季節の変わり目。

春が来た、春が来た♪

 

桜の季節と喜んでばかりもいられないのが現代人の悲しい所。

 

以前は大好きだった春が辛い花粉症のせいで、大嫌いになってしまった方も多いのではないでしょうか??

とはいえ、春は別れの季節と出発の季節。

 

大事なお一人お一人の人生の節目を彩るお手伝いは、是非私達に任せて下さい。

キレイもカッコイイもカワイイもお好みのスタイルをお聞かせください。

じっくりお話をしながら、納得のいくヘアスタイルをご一緒に作っていきましょう。

 

そして冬の重い衣類や寒さでコリ固まった首や肩そして背中・・・。

少しでも快適な春を過ごしていただける様、心を込めてマッサージさせていただきます。

お力加減等、どうかどんどんリクエストください!!

モッズヘア50周年

テーマ:

今週の月曜日は社員研修でお店をお休みを頂いたのですが

皆様には月曜日 火曜日の連休で
多大なご迷惑をおかけしてしまったのですが
吉報です!!

モッズヘアはフランスのParisで誕生し
今年で50年
日本で一号店がOPENしてから40年を迎えます。

ブログ画像

そしてご来店下さっているお客様は少なくとも
目にしていただいている店内にある
ポスターやヘアカタログなどがありますが
それは 春夏 秋冬でcollectionがあり
ヘアショーを含む発表会 と技術セミナー(翌日)があるのです。

今回はそのショーの中の一部で
モッズヘアグループのフォトコンテストで
勝ち抜いた6名による最終コンテストとして
ステージでモデルカットがあり

モッズヘア津田沼店の
2018年から配属の店長 宮本氏が
ステージにあがるということで
姉妹サロンでお休みをいただき
応援に行きました。

細かいことは省略しますね!

ブログ画像
これは全てのステージが終わり
コンテストの結果発表の様子です。

この手に持っているひとつ目の受賞に
続いて2つ目の受賞発表をいただいた時に
思わず
よっしゃー!!って
いい顔していたので今日はこれを
貼っておきますね^^*

隣のモデルさんが
宮本の作品です。

優勝は逃しましたけど
個人としては宮本の作品が一番好きでした!!

コンテスト2週間前に腰痛めて
どうなることかと思いましたけど。

毎日おそくまで練習して
繰り返し繰り返し
見直して
がんばられていました!

お疲れ様でした!

本当におめでとうございました!!

 

ブログ画像

そして私は火曜日に

津田沼店代表として

春夏のニューラインの
お勉強しに行ってきました!!

新鮮さを忘れない!!

店先に並べられた、お野菜でもお魚でもお肉でもお花でも新鮮でフレッシュで生き生きしている方が良いに決まっています。

私達人間もそう。

「初心忘るべからず」の言葉通り、私達美容職人の仕事も、ドキドキしながら緊張しながら、お客様のシャンプーを担当させていただいた良い意味での緊張感。真摯な気持ち。もっと上手になりたい。お客様に喜んでいただきたい。

そんな気持ちをずっと高いテンションで持ち続けていなければいけないばず。

キャリアを積み重ね、長い期間お仕事をさせていただいていると、その分「技術力」は当然上がるのですが、どうしてもこのスタートした頃の「新鮮力」が薄れてきてしまう。

初めてお客様から「ありがとう」と言われた時の泣きそうになる位、嬉しかった感謝の心。

お客様や先輩からご指摘や注意を受けた時、真摯に受け止めた謙虚な気持ち。

早く色んな技術を覚えたいと毎日前向きに行動し、新しい何かを修得できた時のキラキラした感覚。

そんな「新鮮力」を私達は「技術力」と共に持ち続ける事を忘れません。

 

新鮮力+技術力

ではありません。

新鮮力×技術力

より大きな広い面積のパワーで皆様のリクエストにお応えしてまいります。

 

キューティクルって何色??

ヘアケア商品のTVコマーシャルや雑誌広告等で、よく見かける髪の毛の断面図や拡大図。

皆様もよくご存じの、あの「ヘビからウロコ」の様な「タケノコの皮」のような、髪の表面部分、キューティクル。

 

実は何色かご存知でしょうか??

 

正解は無色透明・・・。

ざっくりと言ってしまうとサランナップの様な感じ。黒髪の日本人も透明、ブロンドの外国人も透明、赤くヘアカラーしても、赤になるわけではないのです。

 

何故ならキューティクルそのものに、色素細胞が(メラニン細胞)がないからです。

キューティクルはごく薄い皮の様なものが、4~6枚タケノコの皮のように重なっています。

そして、その一枚一枚がまた8つの層に分かれています。

この8つの層のうち、3つの層をくぐり抜け、ヘアカラー剤が髪の毛の内部に浸透して髪の色が変わるというのが、ざっくしとしたヘアカラーのしくみ。

 

当たり前の様に頭に生えている髪の毛。その細かい1本1本が、そんな複雑な仕組みになっているなんて、

なんか人体の神秘すら感じてしまいます。

確かに髪が生えている生物は地球上では、人類だけですから。

美容師だってアスリートだ!

極寒の中、開催中のピョンヤンオリンピック。

テレビでは解説者の方々がよく「ジャンプのスタイルを変えた」とか「○○の型を変えた」とか話しています。

 

この「型」基本の姿勢とか体の動きって、実は私達美容師にとっても大変大事で、何をするにも基礎になる大切なポイントです。

カラーやパーマ、そしてカットの場面でコーム(クシ)で髪を細かく分けていく「ブロッキング」という作業があります。

一見、いい加減に適当にやっている様に見えますが、これがしっかりキレイにできなければ、とてもきちんとした仕上がりは望めません。

正確な「ブロッキング」の為には、背筋を真っ直ぐに伸ばし、かつ髪の毛の位置を真っ直ぐ平行に目線をもっていかなければなりません。(カットとなると、なおさら細かな目が要求されます)

 

となると、必然的にスクワッドの様な体勢をとることになり、慣れないうちは太ももが筋肉痛になります(笑)

その他、目だけはなく体全体も一緒に動かさないと正しい施術ができない場面も多々あります。

 

今度、美容室にいらした際には、是非美容師の体の動きを注意して見てみて下さい。

結構、身体を張ってお仕事してます!

 

サロン見学

先日、学生さんがサロン見学に来てくれました!

この春から美容専門学校の実践科に入学予定ということで、熱心にも入学前から見学に来てくれました!

なんと見学前に僕のブログを読んでくれていたということで、なんだか嬉しいような恥ずかしいような。笑

ありがとうございます。

やっほー見てる?笑

沢山のサロンがある中で自分にあったサロンを探すのは大変だと思いますが、もし聞きたいことがあったら何でも聞いてもらいたいですね!僕に答えられることは何でも答えます♪

やっぱりこうして自分達のサロンに興味を持ってくれるというだけでも嬉しいものです。

御縁があったら、是非お待ちしてます♪

学生さんのサロン見学、体験入店、アルバイトもどしどし募集してますんで、もし少しでも興味があればお気軽にお問い合わせくださいね♪

 

 

宮本

AVEDAヘッドスパ

先日空き時間を利用して、津田沼店のメイン商材AVEDAを使ったヘッドスパをケアリストの須佐君に教えてもらいました。

ブログ画像ブログ画像
AVEDAの頭皮ケアライン、プラマサナを使ったヘッドスパでは、頭皮の汚れを落としやすい状態に整えてくれる、AVEDAオリジナルのブラシを使ってブラッシング&マッサージをしていくんですが、その操作方法などを教えてもらいつつ、実際にヘッドスパまでやってもらいました。

初めて一緒に働くスタッフの技術チェック的な意味合いもあったんですが、さすがモッズヘア津田沼店ケアリストを名乗る男、そのマッサージはとっても気持ち良く、教わっているはずが危うく寝落ちしそうになりました。笑

これなら安心して自信を持って、お客様にオススメできますね。

僕も自称ヘッドスパを得意とする男として、新しい商材を使ったヘッドスパをいち早くマスターしたいと思います。

AVEDAプラマサナでは、頭皮のかゆみやフケ、抜け毛など、あらゆる頭皮のお悩み&トラブルにお応えできる商品&メニューを取り揃えておりますので、頭皮ケアでお悩みの方は是非お気軽にお問合せください♪

宮本


お色のお話(ホームカラー編)

テーマ:

こんにちは!
カラーリストの小池です。

今回もカラーリングのお話を。

今回のテーマは「ホームカラー」についてです!!

時代が進むにつれて、薬剤も進化していってます。
もちろん「市販のカラー剤」も進化していってます。

ですがコレだけは言えます。
「サロンカラーのほうが数千倍いいに決まっている。」

これは時代が進んでいっても変わらないです。

そのことを今回話していきますね。

サロンカラーとホームカラーの違いは

  • 2剤の強さの調整。
  • 薬剤の使い分けが出来る。
  • 塗りムラが少ない。(無い)
  • ハイライト、ローライト、バレイヤージュがキレイに入れることが出来る。
  • 色のバリエーションが多い。
  • プロの人に相談できる。

頭でパッと浮かんだだけでもこれだけあります。

この中で重要なのは
  • 2剤の強さの調整。
  • 薬剤の使い分けが出来る。
この二点です。
ホームカラーは誰にでも染められるように
2剤(過酸化水素)を強くしています。
2剤は髪の毛のダメージの原因です。そして髪の毛は死滅細胞なのでダメージがなくなったりはしません。
なので毎回「強い薬」を「毛先」につけてダメージを与えていったら・・・考えただけで自分の髪の毛がいたそうではないですか?笑一方サロンカラーは
2剤の強さを調節でき、傷んでいるところには弱い薬。
しっかりと明るくしたいところには強めの薬と、調節できます!
ブログ画像

上のボトルが2剤です。
数字が小さいほうが過酸化水素濃度が低いです!!

また、一色で染めるホームカラーとは違い
お客様のカラー履歴、残留している色味、ダメージ具合によって
カラー剤を細かく変えていくことが出来ます!!

このことから、サロンカラーのほうがおすすめと言えます!!

長くなってしまいましたが、
ホームカラーは髪の毛を傷めるだけなので
なるべく控えましょうね♪ではでは!!
,mod’s hair(モッズヘア)津田沼 小池 祥平

たかが美容師、されど美容師・・・。

お客様と楽しげにお喋りをしながら、サクサクとカットしたりカラーを塗ったりパーマを巻いたり・・・。

美容師って特に何も考えずに楽しげにお仕事している様に見えて、実は細かい所まで色々と気配り、心配り、目配りをしております。

 

今回はちょっとその一部をご紹介。

 

「頭ポンポン」なるボディタッチ。気になっている男性から優しく「手のひら」で頭を触られると思わずドキッとしたり、ときめいたりの経験のある女性も多いはず。

 

この「手のひらで頭に触れる」という行為は、自分が行為を抱いている人(母親が子供の頭を撫でるのも同じです)からされると嬉しいけど、それ以外の場合は不快になってしまいます。

なので私達は一部ヘッドスパ等の施術以外、決して手のひらでお客様の頭に触れることはいたしません。

その様な場合は、軽く指先でお客様の頭をおさえる様にしています。

 

人間はちょっとした違いで、心地良くも不快にも感じてしまうもの。

 

お客様に快く美しくなっていただくため、私達の細やかな技の引き出しは、まだまだいくつもございます。