ブログ

お色のお話(ホームカラー編)

テーマ:

こんにちは!
カラーリストの小池です。

今回もカラーリングのお話を。

今回のテーマは「ホームカラー」についてです!!

時代が進むにつれて、薬剤も進化していってます。
もちろん「市販のカラー剤」も進化していってます。

ですがコレだけは言えます。
「サロンカラーのほうが数千倍いいに決まっている。」

これは時代が進んでいっても変わらないです。

そのことを今回話していきますね。

サロンカラーとホームカラーの違いは

  • 2剤の強さの調整。
  • 薬剤の使い分けが出来る。
  • 塗りムラが少ない。(無い)
  • ハイライト、ローライト、バレイヤージュがキレイに入れることが出来る。
  • 色のバリエーションが多い。
  • プロの人に相談できる。

頭でパッと浮かんだだけでもこれだけあります。

この中で重要なのは
  • 2剤の強さの調整。
  • 薬剤の使い分けが出来る。
この二点です。
ホームカラーは誰にでも染められるように
2剤(過酸化水素)を強くしています。
2剤は髪の毛のダメージの原因です。そして髪の毛は死滅細胞なのでダメージがなくなったりはしません。
なので毎回「強い薬」を「毛先」につけてダメージを与えていったら・・・考えただけで自分の髪の毛がいたそうではないですか?笑一方サロンカラーは
2剤の強さを調節でき、傷んでいるところには弱い薬。
しっかりと明るくしたいところには強めの薬と、調節できます!
ブログ画像

上のボトルが2剤です。
数字が小さいほうが過酸化水素濃度が低いです!!

また、一色で染めるホームカラーとは違い
お客様のカラー履歴、残留している色味、ダメージ具合によって
カラー剤を細かく変えていくことが出来ます!!

このことから、サロンカラーのほうがおすすめと言えます!!

長くなってしまいましたが、
ホームカラーは髪の毛を傷めるだけなので
なるべく控えましょうね♪ではでは!!
,mod’s hair(モッズヘア)津田沼 小池 祥平

たかが美容師、されど美容師・・・。

お客様と楽しげにお喋りをしながら、サクサクとカットしたりカラーを塗ったりパーマを巻いたり・・・。

美容師って特に何も考えずに楽しげにお仕事している様に見えて、実は細かい所まで色々と気配り、心配り、目配りをしております。

 

今回はちょっとその一部をご紹介。

 

「頭ポンポン」なるボディタッチ。気になっている男性から優しく「手のひら」で頭を触られると思わずドキッとしたり、ときめいたりの経験のある女性も多いはず。

 

この「手のひらで頭に触れる」という行為は、自分が行為を抱いている人(母親が子供の頭を撫でるのも同じです)からされると嬉しいけど、それ以外の場合は不快になってしまいます。

なので私達は一部ヘッドスパ等の施術以外、決して手のひらでお客様の頭に触れることはいたしません。

その様な場合は、軽く指先でお客様の頭をおさえる様にしています。

 

人間はちょっとした違いで、心地良くも不快にも感じてしまうもの。

 

お客様に快く美しくなっていただくため、私達の細やかな技の引き出しは、まだまだいくつもございます。